株式会社BRAVE データ復旧
データ復旧パソコン修理MYU > データ復旧の雑学

データ復旧の雑学

データ復旧/復元パートナー募集
データ復旧の雑学―目次

USBのケースに薦められて入れてみたけど駄目…これでもデータは出るか?

最近、この事例が増えています。
基本的に、データ復旧/復元は可能です。
ただ、このUSBのハードディスクに入れてつなげる、という方法は危険も伴っていることを理解の上、実行してください。

これで、単純に取り出せることもあります。
しかし、これでは、重要なマイドキュメントなどのファイルが出ない、ということも多くあります。
また、全く出ないこともあり、出なくしてしまうことも残念ですが有り得るのです。

重要なマイドキュメントなどのファイルが出ない理由は、マイドキュメントというフォルダがWindowsのシステムフォルダである
ということが理由です。
Windowsにとって、マイドキュメントという二つのシステムフォルダが存在することは、許されません。
そのため、後から増えたシステムフォルダを封鎖してしまうのです。
そのため、マイドキュメントのフォルダは、見えているのに、サイズが「0」と表示されることになります。
この場合、必然的にデータ復旧/復元にかけることが必要となります。

最も恐れているのは、この次の事態です。
USBケースにいれなければならなかったハードディスクは、当然ですが何らかの不具合を抱えています。
その不具合が、物理的故障であれば、ある意味状況は変わりません。
単に、電源を入れた回数分だけ悪くなる、という悪作用があります。最も問題なのは、物理的障害ではなく、論理的障害の場合です。

このとき、USBへ変換するための基盤を通してから、パソコンにつながります。
これが、思いがけないトラブルを引き起こすことがあります。
ハードディスク内部ファイルの損傷を復旧しようと、スキャンディスクを実行しようとしたり、あるいは、スキャンディスクは実行されなくても
なんらかの整理が行われることが多いのです。
そのため、そのままお預かりできれば、問題なく取り出せたはずのデータが破損してしまう、ということがあるのです。
もちろん100%壊れるわけではありません。

商売をしようとして、自分で、データを取り出すことを防いでいる、とお考えになる方もおされるでしょう。
しかし、何例もこうしたことが起こりますと、忠告としてお聞きいただき、知った上で、作業していただきたいのです。
仮に、USBで接続されファイルが破損したとしても、オントラック依頼を含めれば復旧率は限りなく100%に近くなりますので
全く不可能と云う訳ではありません。
しかし、費用も変わりますので、自信の無い場合は、USBケースでの接続は、避けたほうが良いと思われます。