株式会社BRAVE パソコンのこと
データ復旧パソコン修理MYU今更訊けないパソコンの話 > プロバイダ・ADSL…分からない〜(^_^;

今更訊けないパソコンの話ーパソコン修理〜

データ復旧/復元パートナー募集

プロバイダ・ADSL…分からない〜(^_^;

インターネットとは、先にも説明しましたが、存在するけれども見えない存在なのです。
このネットワークに入っていこうとすると(先の説明でいくと、電気に変身して流れていくようなこと)専用の玄関が必要なのです。
この玄関をプロバイダといいます。
誰でもこの玄関になれるというわけではなく、きちんと届出を行い、設備を用意することが必要です。
プロバイダの具体例は、Yahoo、Biglobe、@nifty、So-netなどなどです。

こうしたプロバイダとインターネットの世界に入る契約をするときに、例えて言いうと「どの道を通って入りますか?」と聞かれます。
車を想像してください。2車線の道よりは、4車線の道のほうが走りやすいですよね?
一般道よりは、高速道路の方が、速度を上げて走れますよね?
この違いがADSL、や光、という違いです。

昔は、自転車で走る道しかありませんでした。これをモデム通信とします。通信速度は64K。
次にバイクに変わりました。これがISDN。通信速度は128Kまで上りました。
次に、車を走らせることができるようになりました。これがADSLです。
車の速度規制、ご存知ですよね?この道は40キロまで、60キロまで、というやつです。
これと同じようにADSLにも速度規制があると考えてください。
8Mタイプ、12Mタイプ、24Mタイプ、50Mタイプ、というようなものです。段々見えてきました?

そしていよいよ高速道路の時代になりました♪これが光です!
車でも高速道路は、100キロが普通速度です。光も100M(メガ)なんです(ちょっと違いますが)

こういうイメージを持っていただくと、なんとなくインターネットとプロバイダは分かりやすいでしょうか?
プランの違いもこういうことなのです。