株式会社BRAVE パソコンのこと
データ復旧パソコン修理MYU今更訊けないパソコンの話 > Windowsの歴史

今更訊けないパソコンの話ーパソコン修理〜

データ復旧/復元パートナー募集

Windowsの歴史2

Intel社とMicrosoft社の、今の世界の独占状態を揶揄して、「ウィンテル王国」などと言います。
この王国を決定づけたのは、Windows95の誕生でした♪
まさに世界は熱狂したのです。あっという間に世界中に広がり、競争できるどころはどこもなくなりました。
しかし、他のOSが全く無くなったわけではありません。
今も、LINUXやUNIXなどは生きていますし、きちんと使用されています。
これとは別にMac(アップル社)がありましたが、OS10からLINUXと変わらなくなりました。

余談ですが、「2001年宇宙の旅」という映画はご存知でしょうか?
未来の宇宙世界を描いたスタンリーキューブリック監督の作品です。この中に、人類に反抗するコンピューターが登場します。
その名前が「ハル・HAL」といいます。この命名は、IBMから考えられています。
「I」の前は「H」、「B」の前は「A」、「M」の前は「L」。つまり、IBMの一歩前を行く、という意味の命名だったのです。
本当に余談ですが、それぐらいIBMは、コンピュータの代名詞とされてきていました。
Macにしてもそうです。
IBMの製品の作り方に納得しない3名が集まって作った会社がアップル。
コンセプトは、「コンピュータはもっと楽しいもの!IBMよりも、分かりやすい操作しやすいパソコンを作ってみせる!」だったと聞いています。
(間違いがあればどなたかご指摘くださいm(__)m)

まあ、そんなこんなでWindowsの時代がやってきました。
もうこうなるとIBMは関係ありません。売れた台数に応じて、IBMもMicrosoftにライセンスを支払うわけです。
Windowsは、MicrosoftのWindowsと、IntelのCPUでないと動作しないのです。(最初は…)

こののち、Intel互換製品がAMD社から誕生し、現在までライバル関係は続いています。
どこまで話をすればよいのかわからなくなってきました。
Win95は、後に98へ生まれ変わります。このとき現在は主流となるUSBという端子が誕生します。
更にMEと変わりますが、この進化は、ここまでです。MEで破綻してしまいました。
理由は、昔からのMS-DOSの頃のソフトも使えなければならないため、その基本構造を持ったままいたのです。
つまりマイナーチェンジのまま、ここまで進化しましたが、遂に根本的な改良を余儀なくされたのです。
しかし、このとき、既に別の流れがありました、WindowsNTです。
このNTは、MS-DOSの基本構造によらない、全く別の構造でした。これがWindows2000として生まれ変わります。
しかし、このラインは、業務用という色彩が濃く、一般にはあまり馴染みのないWindowsでした。
この2000と、MEが合体します。
基本構造は、安定動作の2000を中心として、ここにMEまでの機能が合体します。そして誕生したのがXP!
これはやがてVISTAへ進化します。
そして、その途中で、IBMは、パソコンの世界から撤退してしまうのです。
大きな大きな時代が終わった瞬間でした。

大急ぎで、たどってきましたので、途中省略したものもあります。申し訳ありません。
また、何か聞きたいことがあれば、遠慮なくリクエストしてください♪