株式会社BRAVE パソコンのこと
データ復旧パソコン修理MYU今更訊けないパソコンの話 > ノートパソコンの宿命2

今更訊けないパソコンの話ーパソコン修理〜

データ復旧/復元パートナー募集

ノートパソコンの宿命2

ノートパソコンの宿命で忘れてはいけないことがあります。
それは、電源コネクタ部分の故障です。
当然のことですが、この部分は、デスクトップパソコンにはありませんので、まさに特有ということになります。

当社へ修理依頼となる項目でも最も多いもののひとつです。
これは、ACダプタの差込時、あるいは抜き差し時に、過度な力が上下あるいは左右という余計な方向にかかることにより起こります。
この故障は、ベンダーでは、まず間違いなくマザーボード(システムボード)の交換となり、修理金額は高額となります。
当社では、ハンダにより固定するという修理を行っていますが、これでも治らない場合があります。
そのため、アダプタの抜き差しは、少し注意をしていただいて、できるだけ真っ直ぐに抜き差しするように心がけてください。

更にカスタマイズに関してですが、これは、ノートには限界があります。
基本的に、外観とセットで設計されているマザーボードは、汎用というものがありません。
これに関連して、CPUの交換は不能、ということになります。
また、もし、無理やり他のマザーにすると、最近はハードディスクリカバリが多くなっていますので、このリカバリができなくなります。

ハードディスクに関しては、大容量化を望まれる方が多いのですが、Windows98の頃のマシンで、40GBはまずのりません。
これは、マザーボードの性能の限界です。
また、23の項目でも言いましたが、発熱や電力の問題があり、そうした大容量化は想定外です。

いろんな問題を考えますと、ノートは、メモリの規定のアップを除いて、あとはそのまま使うのがもっとも安定動作をすると思われます。
動画処理や、将来のアップを考えて購入される方は、慎重にモデルを選んでください♪