株式会社BRAVE パソコンのこと
データ復旧パソコン修理MYU今更訊けないパソコンの話 > デスクトップパソコンの宿命2

今更訊けないパソコンの話ーパソコン修理〜

データ復旧/復元パートナー募集

デスクトップパソコンの宿命2

ベンダー(メーカー)製パソコンのデスクトップパソコンは、本当は、ノートパソコンと考えたほうが良い、ということがよくあります。
26で、電源などの限界を言いましたが、マザーボードの限界もあります。
マザーボードは、システムボードともいうようです。
自作パソコン用に、販売されているマザーがありますが、これは、ベンダー(メーカー)製パソコンに組み込まれているものとは違います。
ほとんど同じでも若干のカスタマイズが入っていることが多いのです。これが実は万一の時に大きな意味を持つために、
交換修理には条件があります。
  1. マザーが変わることで、ハードディスクリカバリが動作しなくなる、ことがあります。
    これは、リカバリCDの中に、モデル認証のプログラムが組み込まれている為です。
    ということは、マザーを交換してしまうと、ハードディスクリカバリができなくなりますので、初期に戻すことができなくなります。
  2. マザーが変わると、リカバリCDからリカバリできなくなる。
    これも「1」と同様の理由によります。
    この大きな理由により、マザー交換そのものが難しいのです。
ただし、「リカバリCDは使えなくてよい」「WindowsはオリジナルCDからインストールする」「ただ、外観が好きなだけです」とうい方であれば
このマザー交換は可能かもしれません。
まだ、この時点で「かも」という言い方をするのは、26の問題で、電源ケーブルが接続できないことがあるからです。
特にSONY製品ではこのパターンが多いです。

まあ、こうした理由によって、マザー交換は、全く同型を探さないといけない、
逆に全く同型を入手できれば、交換修理は、可能です、ということになります♪