株式会社BRAVE パソコンのこと
データ復旧パソコン修理MYU今更訊けないパソコンの話 > WIndowsアップデートとInternetExplorer7

今更訊けないパソコンの話ーパソコン修理〜

データ復旧/復元パートナー募集

WIndowsアップデートとInternetExplorer7

皆さんもご存知だと思いますが、WindowsアップデートというMicrosoft発信の自動アップデート機能があります。
これが時々曲者(くせもの)です。
最近発生している事例では、InternetExplorer7へのアップデートを行うと、パソコン自体が起動できなくなったり、
アプリケーションが使えなくなったりする、というものです。
同様の症状がWindowsをSP1あるいはSP2から、SP3へアップすると発生する、というものです。
このSP3へアップした場合の問題は、InternetExplorerが6から7へあがることで発生することが多いようです。

「じゃあ、7をアンインストールして、6へ戻せば良いでしょう?」
これは、どなたも思われることですが、実は、これが完全にはいきません。

一度7へ上げてしまうと、ほぼ6へ戻りますが、完全には戻りません。
一部のシステムファイルは、7のまま、になってしまいます。
しかし、このアンインストールができる状態であれば、まだいいです。
アンインストールが出来る状態であれば行ってみたほうが良いと思います。(あくまで不具合があれば、です)
アンインストールすることで、解決できればOKですから、解決しない場合は、リカバリ(初期化)あるいは再セットアップを行い、
WindowsとInternetExplorerを初期状態に戻す必要があります。

先ほど、アンインストールできれば、と書きましたが、実は、これができない場合があります。

Windows XP SP2からSP3へダイレクトにアップされた場合は、SP3のアンインストールが可能です。
Windows XP SP2で、InternetExplorer7へのアップをされた方が、SP3へアップしてしまうと、InternetExplorerは、6へ戻せなくなります。
Windows XP SP2で、InternetExplorer7へのアップをせずに、SP3へアップされると、InternetExplorerは6のままです。

Windows XP SP1からSP3へダイレクトにアップされた場合は、InternetExplorerは、6へ戻せなくなります。

こうしたこと、知っているのと、知らないのとでは、状況が変わりますので、ぜひ注意しておいてください。

最後になりますが、InternetExplorer7が、駄目だというわけではありません。
あくまで、7にした方で、トラブルが発生した場合の対処方法ですので、そのつもりでいてください。
7にしても、問題なければ、そのまま使用していただいて良いのです。

あ、そうそう!最初からWindowsがSP3、あるいはVistaの場合は、InternetExplorerは、7です。
6にすることはできません。